音楽のたのしみ  3

ロラン・マニュエル 著 ; 吉田秀和 訳

作曲家にして名評論家ロラン=マニュエルが、音楽の基礎知識・西洋音楽の歴史・オペラについて、対話の形でわかりやすく解説した全4巻シリーズ。本書ではベートーヴェン以降の音楽史をフランス中心に語り、キリスト教各宗派やユダヤ教の宗教音楽についてもくわしく解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カール・マリーア・フォン・ヴェーバー
  • フランツ・シューベルト
  • ロッシーニ、エロルド、オベール
  • エクトル・ベルリオーズ
  • フレデリック・ショパン、フランツ・リスト
  • シューマン、メンデルスゾーン、フランツ・リスト
  • ローベルト・シューマン
  • リヒャルト・ヴァーグナー
  • グノー、ヴァーグナー、ヴェルディ
  • セザール・フランク、ブラームス、サン=サーンス〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽のたのしみ
著作者等 Roland-Manuel
吉田 秀和
Manuel Roland
マニュエル ロラン
書名ヨミ オンガク ノ タノシミ
書名別名 Plaisir de la musique

音楽のあゆみ : ベートーヴェン以降

Ongaku no tanoshimi
シリーズ名 白水Uブックス 1096
巻冊次 3
出版元 白水社
刊行年月 2008.4
ページ数 445p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-72096-7
NCID BN07125225
BA85578738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想