法律より怖い「会社の掟」

稲垣重雄 著

「年中行事」と化す謝罪会見。どの企業も立派な理念を掲げながら、なぜ「犯罪」は繰り返されるのか。その理由を日本人の行動原理にまで遡って解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 だから不祥事がなくならない(日本人と法意識
  • 日本人の自我の問題
  • 日本人の組織の原理と行動
  • 「性さほど悪くない」説と企業不祥事
  • 会社組織そのものに起因する問題)
  • 第2章 企業の不祥事パターン(不祥事の区分
  • 「不正利得獲得」傾向が強い不祥事
  • 「共同体維持」傾向が強い不祥事)
  • 第3章 不祥事はなくせるのか(三方よし
  • 社会的責任とは何か
  • 日本人とCSR
  • 法化社会と新しい規範
  • われわれの社会的責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法律より怖い「会社の掟」
著作者等 稲垣 重雄
書名ヨミ ホウリツ ヨリ コワイ カイシャ ノ オキテ
書名別名 Horitsu yori kowai kaisha no okite
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2008.4
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287939-2
NCID BA85561655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21413143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想