「やめられない」心理学 : 不健康な習慣はなぜ心地よいのか

島井哲志 著

深酒や食べすぎ、手放せないタバコに慢性的な運動不足…。体に悪いとわかっているのに、不健康な習慣は改めるのが難しい。実は私たちが思っている以上に、それらの誘惑は強烈なのだ。高齢化社会を迎え、健康を維持することは今や国民的な課題と言っても過言ではない。生命を脅かし、身体機能を著しく低下させる生活習慣病を予防するにはどうしたらよいか。またストレスを始め健康を損なうさまざまな要因とどう向き合えばよいのか。心理学の新しい応用分野、「健康心理学」の見地から具体的な対処法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わかっていてもできない健康習慣
  • 第2章 医療のパラダイムと変化の必要性
  • 第3章 習慣を変えるための心理学
  • 第4章 食の健康心理学
  • 第5章 ストレスはたまらない
  • 第6章 こころと健康状態
  • 第7章 病気の心理と行動
  • 第8章 健康な社会づくりをめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「やめられない」心理学 : 不健康な習慣はなぜ心地よいのか
著作者等 島井 哲志
書名ヨミ ヤメラレナイ シンリガク : フケンコウナ シュウカン ワ ナゼ ココチヨイノカ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.4
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720439-1
NCID BA85544532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想