公家と武家  4 (官僚制と封建制の比較文明史的考察)

笠谷和比古 編

[目次]

  • 序論 前近代社会における官僚制と封建制の歴史的意義
  • 1 日本(律令官僚制と貨幣経済
  • 制度の"ウチ"と"ソト"-『愚管抄』に見る、「謀反/悪主押込」の論理 ほか)
  • 2 東アジア(高麗末・朝鮮初期の私兵と文・武官制の史的意義
  • 西晋における諸王の封建と出鎮 ほか)
  • 3 中東・西欧(イスラームの騎士と官僚-「剣の人」と「筆の人」
  • 元首政期ローマ帝国におけるギリシア世界の変容-東部出身元老院議員の台頭とアテナイ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公家と武家
著作者等 笠谷 和比古
書名ヨミ クゲ ト ブケ
書名別名 官僚制と封建制の比較文明史的考察
巻冊次 4 (官僚制と封建制の比較文明史的考察)
出版元 思文閣
刊行年月 2008.3
ページ数 529, 3p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1389-4
NCID BA85541603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21414121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想