外から見た〈日本文化〉

星野勉 編

[目次]

  • 第1章 『菊と刀』にみる「日本文化」-ルース・ベネディクトの視点
  • 第2章 150年前に日本に来たフランス人
  • 第3章 モーツァルトと日本-『魔笛』における「日本の狩衣」
  • 第4章 日本の妖怪とアジアの妖怪
  • 第5章 東アジア文化の交差点としての日本文化
  • 第6章 現代中国における一つの日本観
  • 第7章 欧米人の能楽発見
  • 第8章 二人のノーベル賞作家-川端康成と大江健三郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外から見た〈日本文化〉
著作者等 星野 勉
書名ヨミ ソト カラ ミタ ニホン ブンカ
書名別名 Soto kara mita nihon bunka
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.3
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-32126-9
NCID BA85540236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想