日本装身具史 : ジュエリーとアクセサリーの歩み : カラー版

露木宏 編著 ; 井上洋一, 露木宏, 関昭郎 執筆

いろいろな側面をもつ装身具を、日本人はいかに生活に取り入れ、身を飾ってきたのか。その起源から、古代・中世・近世を経て、現代のジュエリーやアクセサリーまでをたどった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 旧石器時代
  • 第1章 縄文・弥生・古墳時代
  • 第2章 飛鳥・奈良時代
  • 第3章 平安・鎌倉・室町時代
  • 第4章 桃山・江戸初期
  • 第5章 江戸中期・後期
  • 第6章 明治時代
  • 第7章 大正・昭和初期・戦中期
  • 第8章 戦後・平成から現代
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本装身具史 : ジュエリーとアクセサリーの歩み : カラー版
著作者等 井上 洋一
関 昭郎
露木 宏
書名ヨミ ニホン ソウシングシ : ジュエリー ト アクセサリー ノ アユミ : カラーバン
書名別名 The concise history of jewelry and accessory in Japan
出版元 美術出版社
刊行年月 2008.3
ページ数 219p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-568-40071-7
NCID BA85538267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21401847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想