巡礼の文化人類学的研究 : 四国遍路の接待文化

浅川泰宏 著

「巡礼」とは何か。とくに四国遍路についていえば、「遍路」とは何なのか-。本書で目指したのは、弘法大師ゆかりの札所寺社を巡拝する者という一般的な理解を超えた、もうひとつの遍路像への接近である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と方法
  • 第1章 巡礼研究の展開と課題
  • 第2章 四国遍路の歴史的変容-民衆参加型巡礼システムの確立と変遷
  • 第3章 巡礼空間の認識論的再考-四国遍路の歴史人類学的考察から
  • 第4章 まなざしの構築学-正統性・境界性・異質性
  • 第5章 四国遍路のターミノロジー-接待の実践とヘンドの解釈学
  • 第6章 響振する苦しみ-ある女性遍路にみる<救い>の構築プロセス
  • 結論 四国遍路の日常的実践としての接待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巡礼の文化人類学的研究 : 四国遍路の接待文化
著作者等 浅川 泰宏
書名ヨミ ジュンレイ ノ ブンカ ジンルイガクテキ ケンキュウ : シコク ヘンロ ノ セッタイ ブンカ
出版元 古今書院
刊行年月 2008.2
ページ数 457p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7722-4118-2
NCID BA85536319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21396096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想