国家と音楽 : 伊澤修二がめざした日本近代

奥中康人 著

中央集権国家の樹立が急務とされた明治期、なぜ「西洋の音」が必要だったのか。統治技術としての音楽教育のありようを綿密に解析した洋楽受容史の新しい視座。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鼓手としての伊澤修二-明治維新とドラムのリズム(幕末の軍制改革-ハードとソフトの革新
  • ドラムが導入されるまで ほか)
  • 第2章 岩倉使節団が聴いた西洋音楽-ナショナリズムを誘発する合唱(岩倉使節団のサウンドスケープ
  • 報告書『特命全権大使米欧回覧実記』 ほか)
  • 第3章 洋学と洋楽-唱歌による社会形成(伊澤修二の洋学事始
  • 大学南校 ほか)
  • 第4章 国語と音楽-文明の「声」の獲得(アメリカ留学
  • ブリッジウォーター師範学校 ほか)
  • 第5章 徳育思想と唱歌-伊澤修二の近代化構想(帰国
  • 徳育に対する態度 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家と音楽 : 伊澤修二がめざした日本近代
著作者等 奥中 康人
書名ヨミ コッカ ト オンガク : イサワ シュウジ ガ メザシタ ニホン キンダイ
書名別名 Kokka to ongaku
出版元 春秋社
刊行年月 2008.3
ページ数 239, 24p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-93023-6
NCID BA8553241X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想