演劇の歴史

アラン・ヴィアラ 著 ; 高橋信良 訳

ソポクレス、セネカから説きおこし、ベケットを経てコルテスまでの西洋演劇の流れを、フランスを中心に解説。演劇と社会の繋がりという切り口から、社会の変遷のなかで演劇をとらえる。西洋演劇史を通観できるすぐれたガイド・ブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代の遺産
  • 第2章 中世演劇
  • 第3章 前期近代における演劇制度
  • 第4章 継承と変化、啓蒙から革命へ
  • 第5章 後期近代初頭における演劇の矛盾
  • 第6章 第三共和政期の演劇-革新と公認
  • 第7章 今日の演劇の遍在性
  • エピローグ-別の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇の歴史
著作者等 Viala, Alain
高橋 信良
ヴィアラ アラン
書名ヨミ エンゲキ ノ レキシ
書名別名 Histoire du theatre
シリーズ名 文庫クセジュ 923
出版元 白水社
刊行年月 2008.4
ページ数 146, 22p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50923-4
NCID BA85529867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21413162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想