リルケ詩抄

リルケ 著 ; 茅野蕭々 訳

一九二七(昭和二)年、リルケが没した翌年、本書は刊行された。本書により、リルケの詩は初めて纏まった形でわが国に紹介された。茅野蕭々(一八八三‐一九四六)は、奇をてらうようなことはせず、口語を用いて訳し、素朴で木訥とした味わいを生み出すことに成功した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一詩集(古い家
  • 若い彫塑家 ほか)
  • 旧詩集(日常の中に滅びた憐れな言葉
  • 私は今いつまでも ほか)
  • 形象篇(四月から
  • 少女の憂鬱 ほか)
  • 時祷篇(時間は傾いて
  • 物の上にひかれてゐる ほか)
  • 新詩集(前のアポロ
  • 恋歌 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リルケ詩抄
著作者等 Rilke, Rainer Maria
茅野 蕭々
書名ヨミ リルケ シショウ
書名別名 Riruke shisho
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.4
ページ数 418p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311791-0
NCID BA85525538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21419022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想