知識伝達の構造 : 教育社会学の展開

天童睦子 編

「教育社会学の現在」を拓く。教育社会学の代表的理論とその展開過程、具体的な教育的課題への社会学的接近を通して、教育という知識伝達の営みと社会構造とのかかわりを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育社会学の方向性
  • 第2章 教育社会学の歴史と展開
  • 第3章 選抜と学歴-メリトクラシーから格差社会へ
  • 第4章 見えない教育統制と知識伝達
  • 第5章 文化伝達とジェンダー構造
  • 第6章 家族と子ども-本質主義からの脱却
  • 第7章 いじめ・不登校-構築主義アプローチ
  • 第8章 メディア環境と社会化-知識伝達の受難
  • 第9章 教育社会学の現在-再生産論以後の理論的課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識伝達の構造 : 教育社会学の展開
著作者等 天童 睦子
書名ヨミ チシキ デンタツ ノ コウゾウ : キョウイク シャカイガク ノ テンカイ
書名別名 Chishiki dentatsu no kozo
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.3
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1316-6
NCID BA8552512X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21415101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想