天皇たちの和歌

谷知子 著

歴代の天皇は、和歌によって、政治を行い、人民と交流し、自らの心を吐露してきた。和歌は日本国家の誕生時から天皇とともにあり、天皇が歌を詠み続けることは皇位継承の上からも、自然の恵みを得るためにも、必要なことであった。一方で、天皇個人にとって歌は自然な心情の発露ともなった。古代から現代までの天皇の歌、天皇たち自身のことばから、国家、天皇制、自然とのかかわりなどを読み解く試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天皇と国家(国家の起源と歌
  • 即位の歌
  • 国土の歌
  • 神仏の歌
  • 戦争の歌)
  • 第2章 天皇と制度(狩猟の歌
  • 行幸の歌
  • 年中行事の歌
  • 勅撰集と歌)
  • 第3章 天皇と自然(花の歌
  • 四季の歌
  • 天地の歌)
  • 第4章 民を愛する天皇(民を思う歌
  • 天皇を祝う歌
  • 天皇に訴える歌)
  • 第5章 恋する天皇(恋の歌
  • 結婚の歌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇たちの和歌
著作者等 谷 知子
書名ヨミ テンノウタチ ノ ワカ
書名別名 Tennotachi no waka
シリーズ名 角川選書 421
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.4
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703421-1
NCID BA85522813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想