地名の社会学

今尾恵介 著

消滅した地名に秘められた歴史。新しくできた地名への人々の想い。地名改変が進むなか、社会の変化に伴い地名はどう変容してきたのか。「生き物」でありながら「無形文化財」として、過去と現在を結ぶ糸として人々の生活とともにある地名。そのでき方、つくられ方と魅力に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地名はどのように誕生したか
  • 第2章 地名の現場を訪ねて
  • 第3章 地名の階層
  • 第4章 市町村名の由来
  • 第5章 駅名を分析する
  • 第6章 地名崩壊の時代を迎えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地名の社会学
著作者等 今尾 恵介
書名ヨミ チメイ ノ シャカイガク
シリーズ名 角川選書 424
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.4
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703424-2
NCID BA85522201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想