自由民権運動の研究 : 急進的自由民権運動家の軌跡

寺崎修 著

いかなる思いを胸に秘め、彼らは過激化していったのか。加波山事件、飯田事件など各地で勃発した自由民権運動史上における激化事件を丹念に追い、急進派の実像と政治思想を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 急進的自由民権論者の政治思想
  • 第2章 村松愛蔵-飯田事件を中心に
  • 第3章 広瀬重雄-静岡事件を中心に
  • 第4章 富松正安-加波山事件を中心に
  • 第5章 有罪確定後の加波山事件関係者
  • 第6章 自由民権家の出獄と公権回復-大阪事件関係者の場合
  • 第7章 第一回衆議院議員選挙と大井憲太郎
  • 付録 明治憲法発布の大赦令関係資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由民権運動の研究 : 急進的自由民権運動家の軌跡
著作者等 寺崎 修
書名ヨミ ジユウ ミンケン ウンドウ ノ ケンキュウ : キュウシンテキ ジユウ ミンケン ウンドウカ ノ キセキ
書名別名 Jiyu minken undo no kenkyu
シリーズ名 慶應義塾大学法学研究会叢書 77
出版元 慶應義塾大学法学研究会 : 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2008.3
ページ数 264, 13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1474-5
NCID BA8552210X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想