日本語教育と音声

戸田貴子 編著

日本語学習者の音声の実態に迫る。音声研究・音声習得研究・音声教育研究の視点から理論と実践の統合を試みた、新しい音声習得研究へのアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本語教育と音声の関わり(日本語音声の研究と教育における課題
  • 日本語学習者の音声に関する問題点
  • 大人になってからでも発音の習得は可能か
  • 「発音の達人」とはどのような学習者か)
  • 第2部 日本語音声の研究と教育(外来語研究の視点-日本語教育の立場から
  • プロソディーの基礎研究と日本語教育
  • VT(ヴェルボ・トナル)法による日本語音声指導)
  • 第3部 日本語音声の習得(中国語母語話者における日本語の有声・無声破裂音の混同
  • 韓国語を母語とする上級日本語学習者によるザ行音の習得
  • 「い形容詞+ナイ」の表現意図と韻律的特徴-北京語・上海語話者を対象とした録音実験から
  • 「ヨクナイ」の表現意図の聞き取り-日本語母語話者と韓国人日本語学習者を対象とした聴取実験から
  • 日本語学習者の韻律の習得に教室内指導が果たす役割-複合語のアクセントを例として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語教育と音声
著作者等 戸田 貴子
書名ヨミ ニホンゴ キョウイク ト オンセイ
書名別名 Nihongo kyoiku to onsei
出版元 くろしお
刊行年月 2008.3
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87424-412-8
NCID BA85521300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21402371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想