女王陛下の外交戦略 : エリザベス二世と「三つのサークル」

君塚直隆 著

英国外交の生命線、それは「三つのサークル」のバランス維持である!同じ言語で結ばれている米国との特別な関係、大英帝国の時代から密接な関係を築いてきた英連邦諸国の支持、そして、最も古くから関わりのある欧州諸国との友好のためエリザベス二世は闘いつづける。即位以来六十年近くにわたる軌跡を追い、王室外交の要諦を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 王室外交とはなにか
  • 第1章 女王陛下と大統領-英米の"特別な関係"のなかで
  • 第2章 コモンウェルスの首長-南北世界の架け橋
  • 第3章 ヨーロッパ王室の支柱-EU統合と女王の立場
  • 第4章 「ジョージ七世」の新たなる挑戦-チャールズ皇太子と新世代の王室外交
  • エピローグ 皇室外交へのひとつの示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女王陛下の外交戦略 : エリザベス二世と「三つのサークル」
著作者等 君塚 直隆
書名ヨミ ジョオウ ヘイカ ノ ガイコウ センリャク : エリザベス ニセイ ト ミッツ ノ サークル
書名別名 Joou heika no gaiko senryaku
出版元 講談社
刊行年月 2008.3
ページ数 365p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-214566-4
NCID BA85515432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21401137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想