日本の刑罰は重いか軽いか

王雲海 著

事件や裁判に対する国民の関心が、高まっている。裁判員制度の導入など、さまざまな司法改革も進められている。また、死刑制度に関する議論も盛んである。そもそも、日本で犯罪とされる行為や、与えられる罰には、どのような傾向があるのだろう?日本の刑罰は、重いのだろうか。それとも、軽いのだろうか。日本の刑罰制度の特徴や、その背景について、米国や中国の事情と比較しながら、具体例を挙げつつ分かりやすく解説していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1節 犯罪とは何か
  • 第2節 刑罰とは何か
  • 第3節 比較の視点がなぜ必要なのか
  • 第4節 日本の刑罰は重いのか
  • 第5節 日本の刑罰は軽いのか
  • 第6節 日本の犯罪と刑罰の特徴はどこにあるのか
  • 第7節 犯罪と刑罰の国による違いはどこから来たのか
  • おわりに 日本の刑罰をどう見るべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の刑罰は重いか軽いか
著作者等 王 雲海
書名ヨミ ニホン ノ ケイバツ ワ オモイ カ カルイ カ
書名別名 Nihon no keibatsu wa omoi ka karui ka
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.4
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720438-4
NCID BA85492304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想