中世の音・近世の音

笹本正治 [著]

中世において誓いの場や裁判の場で撞かれていた神聖な鐘は、次第に日常的な音になり、危険や時刻を知らせる役割を果たすようになった。神の世界と人間をつなぐ音から、人間同士をつなぐ音へ。その変遷を、史料に加え民俗学の成果も多分に用いて考察する。記録には残りにくい当時の人びとの感性や感覚を追うことで、中近世の社会・文化を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • これまでの研究
  • 誓いの鐘をめぐって
  • 他界から来た鐘
  • 鐘の音の効果
  • 無間の鐘
  • 音を出す器具と音の役割
  • 神仏の出現と音
  • 夜の世界
  • 鋳物師に対する意識
  • 神隠しと鉦や太鼓
  • 軍器としての鐘や太鼓
  • 時の鐘
  • 寺の増加と山のお寺
  • 鋳物師の増加
  • 近世危急を告げる音
  • 娯楽としての音楽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の音・近世の音
著作者等 笹本 正治
書名ヨミ チュウセイ ノ オト キンセイ ノ オト : カネ ノ ネ ノ ムスブ セカイ
書名別名 鐘の音の結ぶ世界

Chusei no oto kinsei no oto
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.4
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159868-3
NCID BA85477719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21413371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想