刑事法総合ゼミナール

小松進, 齊藤信宰, 鈴木實, 本吉邦夫, 米澤敏雄 共著

[目次]

  • 第1部 刑事実体法の主要問題(公海上で覚せい剤を受領し、本邦領土内に搬入した場合の輸入の既遂時期
  • 被害者の行為と因果関係
  • 共同正犯と正当防衛 ほか)
  • 第2部 刑事手続法の主要問題(捜索差押許可状執行の際、宅配便を装って開扉させる行為の適法性
  • 場所に対する捜索差押許可状で、そこにいる人の所持する物や身体の捜索がどの程度できるか。
  • おとり捜査の問題点 ほか)
  • 第3部 刑事法総合問題(犯罪の発生、捜査、公訴提起、公判準備と審理、判決等
  • 偽造貨幣の犯罪、職務質問、令状主義、追起訴と訴因変更、証拠物の取調べ
  • 単独犯と共犯、公訴事実に対する求釈明、弁論の併合・分離、自白の任意性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事法総合ゼミナール
著作者等 小松 進
斎藤 信宰
鈴木 實
大東文化大学法科大学院刑事法研究会
本吉 邦夫
米澤 敏雄
齊藤 信宰
書名ヨミ ケイジホウ ソウゴウ ゼミナール
出版元 成文堂
刊行年月 2008.3
ページ数 234p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-1793-5
NCID BA85477322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21415016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想