言語研究の現在 : 形式と意味のインターフェース

金子義明, 菊地朗, 高橋大厚, 小川芳樹, 島越郎 編

中村捷教授の、東北大学大学院文学研究科退官の記念論文集。英語学研究(統語論、意味論、音韻論、語用論)を中心に、言語理論研究、日英語比較研究、言語習得研究、英語教育等の分野からの論文により構成。理論的研究と実証的研究の最新研究成果を示すと同時に、英語学・言語学研究がもたらす諸領域への貢献を示すことを意図している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言語の基本演算を巡る覚え書
  • Language Acquisition and Derivational Complexity:From a Minimalist Perspective
  • 同じか違うかに関わる原理
  • 提示文としての中立叙述文
  • シェイクスピアのソネットの翻訳の問題
  • いわゆるナ形容詞の結果述語を巡って
  • Sentential Modifiers in a Discourse‐Pro Language
  • 結果構文の構造とその派生方法について
  • Argument Ellipsis,Radical Pro‐Drop,and(the Absence of)Agreement
  • 英語の自動詞dieは非対格動詩か〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語研究の現在 : 形式と意味のインターフェース
著作者等 小川 芳樹
島 越郎
菊地 朗
金子 義明
高橋 大厚
書名ヨミ ゲンゴ ケンキュウ ノ ゲンザイ : ケイシキ ト イミ ノ インターフェース
書名別名 The state of the art in linguistic research
出版元 開拓社
刊行年月 2008.3
ページ数 480p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7589-2139-8
NCID BA85475021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21474426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
(Non-)compositional modification in nominal construction Toshihiko Asaka
* He is often play tennisに見られるbe動詞の過剰生成 遊佐典昭
A note on free word order and null anaphora Nobuhiro Miyoshi
A note on the locational there-sentence in English Takamichi Aki
A preliminary study of higher adverbs and overt"complementizers"in Romanian declarative sentences Cornelia Daniela Lupsa
An analysis of English Acc-ing without abstract case system Makoto Yamada
An analysis of the double object construction as small clause CP Yoshiki Ogawa
An overview of multi-agentive phonology Yukio Takahashi
Argument ellipsis,radical pro-drop,and(the absence of)agreement Mamoru Saito
Bare infinitives and economy of derivation Yoshihisa Goto
DOC構文を例に見る文法操作の変遷と言語使用の基盤構造 川平芳夫
ECM in Japanese and movement to the CP edge Mika Takahashi
Japanese object honorification and the nature of agreement Kunio Nishiyama
Language acquisition and derivational complexity Kazuko I.Harada
RNR構文にみる文法と他の認知システムの接点 中村良夫
Scope interaction in DPs with NP-deletion in Japanese Daiko Takahashi
Sentential modifiers in a discourse-pro language Keiko Murasugi
Some notes on prosodic hierarchy Yoshihito Dobashi
The distribution of the active voice morphology in Bahasa Indonesia and vP phases Yosuke Sato
「どうせ」とその対応英語表現 高橋潔
「文もどき」-用語の導入とその意義- 熊谷健
いわゆるナ形容詞の結果述語を巡って 三原健一
グローバル社会における英語教育の展望 内藤永
シェイクスピアのソネットの翻訳の問題 黒田成幸
主部内在関係節と知覚動詞補部節の統語分析 富澤直人
使役・起動交替の条件 大石強
動詞投射範疇の削除 島越郎
同じか違うかに関わる原理 原口庄輔
提示文としての中立叙述文 長谷川信子
日本語における比較相関構文について 石居康男
法的動詞を伴う文における無冠詞複数主語の解釈について 金子 義明
結果構文の半生産性と創造性のありか 鈴木亨
結果構文の構造とその派生方法について 大庭幸男
英語の自動詞dieは非対格動詞か 丸田忠雄
英語前置詞toの意味論 奥野忠徳
言語の基本演算を巡る覚え書 福井 直樹
評価的同格構文について 菊地 朗
関連性理論と有標構文 内田恵
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想