大峯縁起

銭谷武平 著

大峯曼荼羅の菩薩の嶺々を位置づけ、謎の奥駈成立の経過に迫る。吉野から大峯山脈を越え熊野本宮に至る修験山伏の修行ルート七十五靡、約百七十キロ。江戸時代から現代までの変遷を古文書と資料によって読み解き、胎蔵界から金剛界の嶺の位置を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大峯奥駈七十五靡の今と昔
  • 第2章 大峯宿所百二十から七十五靡へ
  • 第3章 画のない曼荼羅、大峯胎蔵界の嶺
  • 第4章 大峯胎蔵界の嶺を尋ねて-チャレンジャー南都の僧たち
  • 第5章 中台八葉院の玉置山を越えて仙洞へ
  • 第6章 虚空蔵院と金剛手院の嶺々-仙洞から奥の迷路のような宿所
  • 第7章 中台八葉院の深仙へ-大峯通過の二人の沙門
  • 第8章 釈迦ケ岳を越える聖たち-両界曼荼羅の境、石崎の峯へ
  • 第9章 胎蔵界から金剛界へ-金剛界の嶺、涌宿から吉野へ
  • 第10章 白鳳の禅洞禅師と天平の仁宗聖人-大峯曼荼羅のゴーストライターは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大峯縁起
著作者等 銭谷 武平
書名ヨミ オオミネ エンギ
出版元 東方
刊行年月 2008.3
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86249-101-5
NCID BA85470301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21395579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想