ゲゲゲの女房

武良布枝 著

巨人・水木しげると連れ添って半世紀。赤貧の時代、人気マンガ家の時代、妖怪研究者の時代、そして幸福とは何かを語る現在…常に誰よりも身近に寄り添っていた妻がはじめて明かす、生きる伝説「水木サン」の真実!布枝夫人にとって、夫と歩んだ人生とは、どんなものだったのか…!?水木しげる夫人が、夫婦の半生を綴った初エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 静かな安来の暮らし
  • 2章 結婚、そして東京へ
  • 3章 底なしの貧乏
  • 4章 来るべきときが来た!
  • 5章 水木も家族も人生一変
  • 6章 名声ゆえの苦悩と孤独
  • 7章 終わりよければ、すべてよし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲゲゲの女房
著作者等 武良 布枝
書名ヨミ ゲゲゲ ノ ニョウボウ : ジンセイ ワ オワリ ヨケレバ スベテ ヨシ
書名別名 人生は…終わりよければ、すべてよし!!

Gegege no nyobo
出版元 実業之日本社
刊行年月 2008.3
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-408-10727-1
NCID BA85467599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21393623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想