日本古典芸能史

今岡謙太郎 著

一読三嘆?ありそうでなかった、こんな本。謎めいた伎楽面から、猿楽の滑稽、能の幽玄、歌舞伎の破天荒、人形浄瑠璃の情、落語の洒脱、寄席の繁盛。古代から江戸時代までの芸能史を通覧する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 祭祀-儀式から芸能へ
  • 伎楽と舞楽-国家行事と芸能
  • 散楽から猿楽へ-「演技術」の進歩
  • 田楽・猿楽の展開と「能」の形成
  • 観阿弥・世阿弥と能の「大成」
  • 歌舞伎の成立と定着
  • 人形浄瑠璃の成立と発展
  • 近世演劇の開花と近松門左衛門
  • 竹豊両座と人形浄瑠璃の黄金時代
  • 江戸中後期の歌舞伎
  • 落語・講談の発展と諸芸の交流
  • 鶴屋南北と河竹黙阿弥-近世から近代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古典芸能史
著作者等 今岡 謙太郎
書名ヨミ ニホン コテン ゲイノウシ
出版元 武蔵野美術大学出版局
刊行年月 2008.4
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-901631-81-5
NCID BA85456683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21400458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想