日本刑法学のあゆみと課題

内田博文 著

日本刑法学の歴史的探究から、混迷の度を深める刑法理論の課題を掘り下げ、方向性を解明した著者、渾身の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 刑法学における歴史的研究の意義と方法(刑法の意義と機能
  • 刑法学の意義)
  • 第2章 日本の刑法の歩み(刑法の近代化
  • 戦前の日本における刑法の歩み
  • 戦後の日本における刑法の歩み
  • まとめ)
  • 第3章 日本における刑事判例の歩み(固有法の立場からの解釈・運用
  • 戦前の日本における刑事判例の歩み
  • 戦後の日本における刑事判例の歩み
  • まとめ)
  • 第4章 日本における刑法学の歩み(コップの中の争い
  • 戦前の日本における刑法学の歩み
  • 戦後の日本における刑法学の歩み
  • 小括)
  • 第5章 日本の刑法の課題(日本の刑事立法の課題
  • 日本の刑事判例の課題
  • 日本の刑法学の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本刑法学のあゆみと課題
著作者等 内田 博文
書名ヨミ ニホン ケイホウガク ノ アユミ ト カダイ
書名別名 The history and problems of the criminal law studies of Japan

Nihon keihogaku no ayumi to kadai
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.3
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51616-8
NCID BA85454087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21405006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想