自由のかたち

萩原延壽 著

1962年秋、英国留学を終え帰国した著者は、「首相池田勇人論」「革新とは何か」などを相次いで発表、論壇の寵児となった。著者40代前半まで、いわゆる「政治評論家」時代の論稿を中心に、編年で構成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九六三年(ゲイツケルの死
  • ウィルソン英労働党党首 ほか)
  • 一九六四年(「大国」意識からの脱却-イギリスの場合
  • 日本社会党への疑問 ほか)
  • 一九六五年(革新とは何か
  • 小林秀雄と日本の近代 ほか)
  • 一九六六‐一九六七年(停滞的英国と進歩的日本
  • 「馬場辰猪」連載にあたって-筆者のことば ほか)
  • 一九六八年以後(外からみた日本-イギリス
  • 三つの共同声明-走り書的断章 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由のかたち
著作者等 萩原 延寿
萩原 延壽
書名ヨミ ジユウ ノ カタチ
書名別名 Jiyu no katachi
シリーズ名 評論・エッセイ 1
萩原延壽集 / 萩原延壽 著 ; 宮村治雄, 酒井哲哉, 吉良芳恵, 杉山伸也, 菅原啓州 編 1
出版元 朝日新聞
刊行年月 2008.4
ページ数 404, 33p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-02-250382-4
NCID BA85434680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21411262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想