日中社会学叢書 : グローバリゼーションと東アジア社会の新構想  4

首藤 明和;落合 恵美子;小林 一穂【編著】

[目次]

  • 現代中国家族をどう捉えるか
  • 第1部 「個人と家族」再考のために(漢人家族の「個人と家族」の再考に向けて
  • 現代中国都市家族の社会的ネットワーク-無錫市の事例から
  • 身体文化が生み出す規範と生活指針-ある武術家のライフ・ヒストリーから)
  • 第2部 「近代家族」への問い(漢人家族の代親機能と老親扶養-女性の「社会圏子」に着目して
  • 転換期中国の多様化する婚姻観
  • 中国都市部における社区建設の取組みと高齢者への対応)
  • 第3部 農村家族の変容にみる再編と解体(中国農村家族の変化と安定-山東省の事例調査から
  • 離村時代の中国農村家族-「民工潮」がもたらした農村社会の解体)
  • 現代中国家族の理論的理解に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中社会学叢書 : グローバリゼーションと東アジア社会の新構想
著作者等 小林 一穂
落合 恵美子
首藤 明和
書名ヨミ ニッチュウ シャカイガク ソウショ : グローバリゼーション ト ヒガシアジア シャカイ ノ シン コウソウ
書名別名 分岐する現代中国家族 : 個人と家族の再編成

Nicchu shakaigaku sosho
巻冊次 4
出版元 明石書店
刊行年月 2008.3
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-2737-2
NCID BA85414796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21476683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想