海を生きる技術と知識の民族誌 : マダガスカル漁撈社会の生態人類学

飯田卓 著

海を隣人とみなし、海の表情を読み解き、海のポテンシャルを知悉して、次つぎと漁法を編みだす漁民たち。その暮らしの成り立ちをあらゆる角度から克明に描きだし、自然との対峙を問題化した海の民族誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 漁民文化の潜在力
  • 第1章 世界市場に門戸を開いたサンゴ礁
  • 第2章 海を生きる人びと、ヴェズ
  • 第3章 海のなりわい:アンパシラヴァ村の漁撈
  • 第4章 陸のなりわい:生業戦略の村落間比較
  • 第5章 信頼される海
  • 第6章 過信される海
  • 終章 グローバル化のなかの自然

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海を生きる技術と知識の民族誌 : マダガスカル漁撈社会の生態人類学
著作者等 飯田 卓
書名ヨミ ウミ オ イキル ギジュツ ト チシキ ノ ミンゾクシ : マダガスカル ギョロウ シャカイ ノ セイタイ ジンルイガク
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.3
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1326-5
NCID BA85408556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21415050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想