アテネ最期の輝き

澤田典子 著

紀元前四世紀、アレクサンドロス大王の華々しい遠征の陰で、マケドニアに敗れたアテネはどのように生きていたのか。民主政が終焉しギリシアの時代が幕を閉じるまでのアテネの最期の姿を、政治家・弁論家デモステネスを軸に生き生きと描く。一次史料にもとづいて従来の通説を再検討し、新しい見方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「黄昏のアテネ」に迫る
  • 第1章 決戦へ
  • 第2章 敗戦-マケドニアの覇権
  • 第3章 対決-「冠の裁判」
  • 第4章 平穏-嵐の前の静けさ
  • 第5章 擾乱-ハルパロス事件
  • 第6章 終幕-デモステネスとアテネ民主政の最期
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アテネ最期の輝き
著作者等 澤田 典子
書名ヨミ アテネ サイゴ ノ カガヤキ
書名別名 Atene saigo no kagayaki
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.3
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022041-5
NCID BA85388925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21410224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想