明治・大正・昭和の大衆文化 : 「伝統の再創造」はいかにおこなわれたか

成蹊大学文学部学会 編

探偵小説、少年漫画、婦人雑誌、演劇、パンク・ロックなど、「古さ」と「新しさ」のイメージの落差を過去の大衆文化がいかに巧みに操作しているかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「伝統の再創造」-誰が、なぜ、どのように?
  • 第1章 帝都騒然 探偵実話ピストル強盗を捕縛せよ!
  • 第2章 少年漫画の誕生とその変貌についての一考察-街頭紙芝居の『墓場奇太郎』はなぜ『ゲゲゲの鬼太郎』へと変貌を遂げたのか
  • 第3章 一九二〇年代日本・都市と女性
  • 第4章 曽我廼家五郎の実験演劇
  • 第5章 『芸道もの』としての新劇
  • 第6章 メジャー・レーベルと契約した日本最初のあのパンク・ロック・バンドの一九八〇年のデビュー・アルバムから二〇〇六年の結成二六周年記念ボックス・セットにおよぶ音源・映像・談話・記事を概観し、いまだCD音源化されない最初期音源を手がかりに、輸入文化であるロックないしパンク・ロックがいかに日本人の誠実な自己表現となりえたかをさぐる日本文化論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治・大正・昭和の大衆文化 : 「伝統の再創造」はいかにおこなわれたか
著作者等 成蹊大学文学部学会
書名ヨミ メイジ タイショウ ショウワ ノ タイシュウ ブンカ : デントウ ノ サイソウゾウ ワ イカニ オコナワレタカ
シリーズ名 成蹊大学人文叢書 5
出版元 彩流社
刊行年月 2008.3
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-1335-2
NCID BA85386431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21395123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想