未来派左翼 : グローバル民主主義の可能性をさぐる  上

アントニオ・ネグリ 著 ; 廣瀬純 訳 ; ラフ・バルボラ・シェルジ 編

左翼に延命の途はあるのか?疲弊した左翼をいかに再生するか?左翼政権を支えた社民的な思考モデルが時代遅れになる一方で、シアトルやジェノヴァの抗議デモ、メキシコのサパティスタの蜂起など、グローバル資本に対抗する新しいうねりが生じている。ベルリンの壁が崩壊した一九八九年以降、全世界が"帝国"化へ向かうなかで起きた様々な出来事を考察し、現状に即応できない社会主義・社民的思考に引導を渡すとともに、「みんなでひとつになる」ことを目指す柔軟な闘争形態に、グローバル民主主義への新たな希望を見出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 さらば社会主義(社会主義はなぜ頓挫したのか-壁崩壊から考える
  • "共"はいかに発見されたか-パリのストライキから考える
  • "帝国"時代の戦争をどう捉えるか-ユーゴ紛争から考える)
  • 2 マルチチュード出現!(運動はどう変化したのか-シアトルのデモから考える
  • ネットは運動にどう影響したのか-サパティスタの蜂起から考える
  • なぜ暴力は正当化されるのか-ジェノヴァのデモから考える
  • 労働はどう変貌するのか-移民問題から考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来派左翼 : グローバル民主主義の可能性をさぐる
著作者等 Negri, Antonio
Scelsi, Raf Valvola
Valvola Scelsi, Raf
広瀬 純
廣瀬 純
シェルジ ラフ・バルボラ
ネグリ アントニオ
書名ヨミ ミライハ サヨク : グローバル ミンシュ シュギ ノ カノウセイ オ サグル
書名別名 Goodbye Mr socialism

Miraiha sayoku
シリーズ名 NHKブックス 1106
巻冊次
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.3
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091106-8
NCID BA8538528X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想