現象学とライプニッツ

レナート・クリスティン, 酒井潔 編著 ; 大西光弘 訳

[目次]

  • 第1章 よく基礎づけられた現象-現象学としてのライプニッツのモナドロジー
  • 第2章 意識とその現象-ライプニッツ、カント、フッサール
  • 第3章 ライプニッツ、ヘーゲル、フッサールの思惟における可能性概念の内容と諸相
  • 第4章 普遍数学の理念-論理的理性 ライプニッツとフッサール
  • 第5章 フッサールの神理解とそのライプニッツとの関係
  • 第6章 自らを示すことの現象学への道-ハイデガーとライプニッツの現象概念
  • 第7章 日本の現象学におけるモナドロジー深化の試み
  • 第8章 モナドロジー的現象学-新しいパラダイムへの道?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学とライプニッツ
著作者等 Cristin, Renato
大西 光弘
酒井 潔
クリスティン レナート
書名ヨミ ゲンショウガク ト ライプニッツ
書名別名 Phanomenologie und Leibniz
出版元 晃洋書房
刊行年月 2008.3
ページ数 206, 55p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-1924-9
NCID BA85381879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21462045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想