中世における理性と霊性

K.リーゼンフーバー 著 ; 村井則夫 訳

理性と霊性の創造性豊かな関係に焦点を当て、11世紀の初期スコラ学から15世紀のルネサンスに至る理性論の多様な形態を考察。形而上学と自然学、倫理学と政治思想への反映までも解明することを通して、理性と霊性の相互作用を中世思想の根源的な原動力として展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代の中世観
  • 第1部 教父思想(ラテン教父の思考様式と系譜)
  • 第2部 初期スコラ学(信仰と理性-カンタベリーのアンセルムスにおける神認識の構造
  • 初期スコラ学における「理性」の問題-諸類型と諸論争 ほか)
  • 第3部 盛期スコラ学(人格の理性的自己形成-トマス#アクィナスの倫理学の存在論的・人間論的構造
  • 否定神学・類比・弁証法-ディオニュシオス、トマス、クザーヌスにおける言語の限界と超越の言表可能性 ほか)
  • 第4部 後期スコラ学(フライベルクのディートリヒの知性論
  • ジャン#ビュリダンの哲学における言語理論 ほか)
  • 第5部 初期ルネサンス思想(神認識における否定と直視-クザーヌスにおける神の探求をめぐって
  • マルシリオ#フィチーノのプラトン主義と教父思想-キリスト教哲学の一展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世における理性と霊性
著作者等 Riesenhuber, Klaus
村井 則夫
リーゼンフーバー K.
書名ヨミ チュウセイ ニ オケル リセイ ト レイセイ
書名別名 Chusei ni okeru risei to reisei
シリーズ名 上智大学中世思想研究所中世研究叢書
出版元 知泉書館
刊行年月 2008.2
ページ数 512, 158p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-028-7
NCID BA85379866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想