動物の心人間の心

戸川達男 著

どうして人間の心はもっとよくわからないのでしょう?「心」に関するさまざまな問題を一章ごとに整理し、誰でも専門知識なしに気軽に読むことのできるようまとめました。未解決の問題の突破口を見つけるのはあなたかもしれません。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物にも心があるのか?
  • 心は脳の中にあるのか?
  • 心を観察することはできるのか?
  • 心には大きさがあるのか?
  • 心は感情に支配されているのか?
  • 心を操作できるのか?
  • 心はなにによって満たされるのか?
  • 心の世界を他者と共有できるのか?
  • 心はなぜ傷つくのか?
  • 心は加齢にともなって縮小するのか?
  • 心は個体死で消滅するのか?
  • 将来人間の心はどう変わっていくのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の心人間の心
著作者等 戸川 達男
書名ヨミ ドウブツ ノ ココロ ニンゲン ノ ココロ : カガク ワ マダ ココロ オ トラエテイナイ
書名別名 科学はまだ心をとらえていない
出版元 コロナ社
刊行年月 2008.3
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-339-07788-9
NCID BA8536592X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21401691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想