新自由主義は文学を変えたか : サッチャー以後のイギリス

法政大学比較経済研究所, 曽村充利 編

サッチャーとブレアの時代の二十数年間に、イギリスは国内的にも国際的にも大きな変化を経験した。自由競争のもとで経済の活性化と成長が実現し、階級の壁は低まり、大学の数が倍増し、情報化も浸透し、消費社会となり旅行者が激増した。また、エスニック・マイノリティの数も増えて多民族・多文化社会が進行し、北アイルランド問題等でも新たな展開が見てとれる。そうした変化をイギリスの文学者たちは敏感に感知し、知的で洗練され、論争的でスケールの大きな、優れた文学性をもつ作品がつぎつぎと生み出されてきた。本書は、経済学と統計学に関する論考も含め、この間に著わされた小説や詩の作品群を社会・政治・文化・思想との関わりで論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1979年以降のイギリス社会と文化
  • 第1部 サッチャーの研究(サッチャリズム-経済的自由の回復
  • ニュー・レフト・アローン-スチュアート・ホールとサッチャリズム
  • サッチャーのレトリックを計る-コーパスにもとづく通時的分析)
  • 第2部 自由な社会と小説(1980年代時代精神の虚像-マーティン・エイミス『マネー』
  • 愛こそはすべて-厄介な道徳家、イアン・マキューアン
  • サッチャーの時代とキャンパス・ノベル-デイヴィッド・ロッジとマルカム・ブラッドベリ
  • ポストコロニアル・ビルドゥングスロマン-ハニフ・クレイシ『郊外のブッダ』
  • 愚かさの自覚と自由な生-カズオ・イシグロ『日の名残り』)
  • 第3部 政治と詩人たち(あるエデン幻想の消滅-桂冠詩人が見たサッチャー時代
  • 炭鉱の消えた丘-グレート・ストライキおよび以後のウェールズの詩/詞
  • サッチャリズムと北アイルランド詩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新自由主義は文学を変えたか : サッチャー以後のイギリス
著作者等 佐藤 泰人
保坂 昌光
加藤 英治
大平 章
奥山 利幸
小林 雄一郎
曽村 充利
木村 政則
永田 喜文
法政大学比較経済研究所
滝沢 玄
書名ヨミ シン ジユウ シュギ ワ ブンガク オ カエタカ : サッチャー イゴ ノ イギリス
シリーズ名 比較経済研究所研究シリーズ 23
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.3
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-60223-8
NCID BA85362863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21419685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想