貧困削減戦略再考 : 生計向上アプローチの可能性

山形辰史 編

2000年9月、国連はミレニアム開発目標を制定し、2015年までに全力で貧困削減を推進することを表明した。では、貧困を削減するにはどのような方法があるのだろうか。本書は、従来の公共支出・サービスによる貧困削減ではなく、貧困層自らが経済主体として生計向上に取り組むという側面を重視し、第1部では、高度成長期の日本のほか東南アジア、アフリカの開発途上国の事例分析を通じて、貧困削減に有効な経済発展のパターンを検討、第2部では、貧困削減への制度的取り組みを追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界の貧困削減への取り組みとその現状
  • 第1部 雇用を通じた貧困削減(雇用を通じた貧困削減-国際比較研究
  • 日本-高度成長が導いた貧困削減
  • バングラデシュとカンボジア-後発国のグローバル化と貧困層
  • ケニア-製造業の高賃金と低雇用)
  • 第2部 貧困削減への制度的取り組み(マイクロファイナンス-貧困削減への金融仲介
  • ソーシャル・ファンド-雇用吸収と地方開発
  • 公的雇用プログラム-貧困の多様な要因への対応
  • 障害者のエンパワメント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧困削減戦略再考 : 生計向上アプローチの可能性
著作者等 アジア経済研究所
山形 辰史
書名ヨミ ヒンコン サクゲン センリャク サイコウ : セイケイ コウジョウ アプローチ ノ カノウセイ
シリーズ名 アジア経済研究所叢書 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.3
ページ数 17, 261p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-009973-8
NCID BA85316436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想