津田仙評伝 : もう一つの近代化をめざした人

高崎宗司 著

津田仙は、福沢諭吉が国権論(軍備の増強)や脱亜論を唱えたのに対して、まったく違う方向を推進した。農業の近代化とキリスト教によって民富や国富を増大させようとした。また女子教育に尽力し、朝鮮人の農学者やキリスト者と交流していた。さらに足尾銅山の鉱毒を問題にしていた。農業や朝鮮の重要性が再認識されている現在、近代におけるもう一つの発展や近隣諸国との相互理解に尽くした人の業績が高く評価されるべきである。おりしも二〇〇八年四月は津田仙没後百年である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 洋学
  • 第2章 農業の近代化
  • 第3章 地方の開発
  • 第4章 キリスト教界の三傑
  • 第5章 教育への献身
  • 第6章 朝鮮人との交わり
  • 第7章 健康・環境問題への関心
  • 第8章 晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津田仙評伝 : もう一つの近代化をめざした人
著作者等 高崎 宗司
書名ヨミ ツダ セン ヒョウデン : モウ ヒトツ ノ キンダイカ オ メザシタ ヒト
書名別名 Tsuda sen hyoden
出版元 草風館
刊行年月 2008.3
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88323-180-5
NCID BA85315353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想