イギリスの階級社会

D.キャナダイン 著 ; 平田雅博, 吉田正広 訳

グローバリズムによって格差が拡大しているという。そもそも階級とは何か。二大階級か、三層構造か、それともヒエラルキー社会か。新たな視点からのイギリス近現代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説-階級の興隆と没落?(歴史としての階級
  • 階級は終わった
  • 社会叙述としての階級
  • この国の階級、いまと昔)
  • 第2章 一八世紀-階級闘争なき階級(イングランド社会
  • イギリス社会
  • 社会生活と社会認識
  • 階級なき社会を創る)
  • 第3章 一九世紀-成長したヒエラルキー社会(社会的ヴィジョンと社会的分断
  • 「階級政治」の提唱
  • 「階級政治」の否定
  • その時見たままに)
  • 第4章 二〇世紀-社会的アイデンティティと政治的アイデンティティ(「階級政治」の再提示
  • 「階級政治」の再否定
  • 階級の行為と階級の事実
  • 新社会、旧社会)
  • 第5章 結論-「階級なき社会」に向かって?(長期的回顧
  • サッチャーのインパクト
  • メージャー、ブレア、その後
  • 私たち自身の見方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリスの階級社会
著作者等 Cannadine, David
吉田 正広
平田 雅博
キャナダイン デヴィッド
書名ヨミ イギリス ノ カイキュウ シャカイ
書名別名 Class in Britain

Igirisu no kaikyu shakai
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2008.3
ページ数 318, 21p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-1997-9
NCID BA85309587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想