萬葉集校注拾遺

工藤力男 著

万葉集の読み方に根源的な疑義を呈する問題の書。音韻・文法・語彙・文字その他、微細な事柄から巨大なモノを捕捉する醍醐味溢れる新研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "被枕詞"考
  • 孤字と孤語-萬葉集本文批評の一視点
  • 孤立する訓仮名-憶良「老身重病」歌の「裳」
  • 人麻呂の文字法-みやまもさやにまがへども
  • 鶴・西宮の法則の剰余-大宮仕へ安礼衝くや
  • 人麻呂歌集七夕歌読解法
  • 格助詞の射程-のち見むと君が結べる
  • 助字から見た萬葉歌-満ち缺けすれそ人の常なき
  • 格支配から読む人麻呂歌集旋頭歌-手力つとめ織れるころもぞ
  • "月夜の逢会・雨夜の禁忌"考
  • 歌語さまざま

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 萬葉集校注拾遺
著作者等 工藤 力男
書名ヨミ マンヨウシュウ コウチュウ シュウイ
シリーズ名 万葉集
出版元 笠間書院
刊行年月 2008.2
ページ数 230, 7p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-305-70366-8
NCID BA8530047X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21395176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想