ジェンダーと人権 : 歴史と理論から学ぶ

辻村みよ子 著

男女共同参画社会の実現のために。人権論からジェンダー問題を考える。その歴史と理論・政策。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ジェンダーと人権-ウィメンズ・ライツとヒューマン・ライツの間
  • 第1章 「近代的人権」の成立と女性の権利の排除
  • 第2章 女性の権利とジェンダー平等政策の展開
  • 第3章 日本における人権と女性の権利の展開
  • 第4章 現代日本の男女共同参画-政治・家庭・労働面での実態
  • 第5章 日本国憲法一四条と現行法制上の問題点
  • 第6章 日本国憲法二四条と「現代家族」
  • 第7章 リプロダクティヴ・ライツと自己決定権
  • 第8章 平和・人権・ジェンダー
  • 終章 ジェンダーと人権をめぐる歴史的・理論的課題
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダーと人権 : 歴史と理論から学ぶ
著作者等 辻村 みよ子
書名ヨミ ジェンダー ト ジンケン : レキシ ト リロン カラ マナブ
書名別名 女性と人権
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.3
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51583-3
NCID BA85285762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想