ノーベル賞受賞者の精子バンク

デイヴィッド・プロッツ 著 ; 酒井泰介 訳

優秀な遺伝子を後世に残すべく、大富豪によって創設された精子バンク「レポジトリー・フォー・ジャーミル・チョイス」。1999年に閉鎖されるまでにそこから誕生した230人の子供たちは、果たして天才に育っているのか。また精子提供者は、本当はいったい誰だったのか。インターネットで呼びかけた著者に接触してきた母親やその子供、精子提供者たちの姿を通し、このばかげた優生学実験の顛末から、現代の家族像を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2001年2月
  • ロバート・グラハムの遺伝子への情熱
  • 天才づくり
  • 精子探偵
  • ドナー・コーラル
  • ドナー・ホワイト
  • ノーベル賞受賞者精子バンク有名人の誕生
  • のら犬一家
  • ドナー・ホワイトの秘密
  • やってみた精子ドナー
  • ドナー・コーラルの正体
  • 喜びを見出したドナー・ホワイト
  • それでもやっぱり父は父
  • 天才精子バンクの最期
  • 2004年9月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノーベル賞受賞者の精子バンク
著作者等 Plotz, David
酒井 泰介
プロッツ デイヴィッド
書名ヨミ ノーベルショウ ジュショウシャ ノ セイシ バンク : テンサイ ノ イデンシ ワ テンサイ オ ウンダカ
書名別名 The genius factory

ジーニアス・ファクトリー

天才の遺伝子は天才を生んだか
シリーズ名 ハヤカワ文庫 NF
出版元 早川書房
刊行年月 2007.11
ページ数 442p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050330-7
NCID BA85267385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21337506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想