古代日本の異文化交流

鈴木靖民 編

この本の情報

書名 古代日本の異文化交流
著作者等 鈴木 靖民
書名ヨミ コダイ ニホン ノ イブンカ コウリュウ
書名別名 Kodai nihon no ibunka koryu
出版元 勉誠
刊行年月 2008.2
ページ数 660p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-585-10439-1
NCID BA85259434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21401164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
8・9世紀東アジアの外交と大宰府 朴眞淑
9世紀山東における在唐新羅人社会の構造と儀式・言語 中大輔
「古代九州の古墳文化と韓国の前方後円墳」関係論文(日本語文)目録(稿) 新井隆一
『金液還丹百問訣』にみえる渤海商人李光玄について 石井正敏
中世における禅宗の輸入と「日本化」 村井章介
前方後円墳をめぐる韓と倭 土生田純之
加耶滅亡前後の新羅と倭の交流 宣石悦
古代北欧の宗教とキリスト教 Ulf Drobin
古代北海道の無文字社会と文字・記号、そして信仰 鈴木 靖民
古代日本と朝鮮の殺牛祭祀・漢神信仰 鈴木英夫
古代日本の境界意識と仏教信仰 三上喜孝
古代日本の境界領域と能登 小嶋芳孝
古代日本の外来宗教と固有信仰
古代朝鮮の前方後円墳と日本の古墳文化
古代朝鮮の殺牛祭祀と国家形成 李成市
古墳時代の海上交通と信仰 椙山林繼
唐の国際交易と渤海 石見清裕
国境・境界と文化形成 Bruce Batten
外来の護法神の神祇信仰に及ぼした影響 岡田精司
宗像社僧の写経活動と入宋 岡野浩二
日本列島北の古代辺境社会と祭祀・信仰 三浦圭介
日本古代の神信仰の展開と仏教信仰 鈴木 靖民
日本的信仰構造の成立と陰陽道 三橋正
東アジアにおける道教の伝播 増尾伸一郎
東アジア異文化間交流における山東の位置付け 馬一虹
栄山江流域における前方後円墳からみた古代の韓半島と日本列島 朴天秀
栄山江流域慕韓説の研究史的検討 近藤浩一
渤海と新羅の交流 韓圭哲
渤海・新羅の交流と文化
渤海文化の二重的特徴 李宗勲
神祇・仏教の東アジア文化交流
肥後と北部九州の横穴式石室とその系譜 古城史雄
西九州古墳文化とその特質 高木恭二
赤山明神と新羅明神 菊地照夫
赤山神について 塩沢裕仁
韓国の前方後円墳と九州 柳沢一男
韓国の前方後円墳と倭の史的動向 鈴木英夫
韓国の原始宗教と仏教 徐永大
韓国古代における全羅道と百済、加耶、倭 李鎔賢
韓国扶安竹幕洞祭祀遺跡の文化複合 高慶秀
韓国栄山江流域古代史関係文献目録(稿) 近藤浩一
高麗・宋の交流と禅宗 趙明濟
魏晋南北朝期の東北アジア国家と仏教の伝播 宋成有
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想