ブータンに魅せられて

今枝由郎 著

「国民総幸福」を提唱する国として、たしかな存在感を放つブータン。チベット仏教研究者として長くこの国と関わってきた著者が、篤い信仰に生きる人びとの暮らし、独自の近代化を率いた第四代国王の施政など、深く心に刻まれたエピソードをつづる。社会を貫く精神文化のありようを通して、あらためて「豊かさ」について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 遥かなるブータン-雲上の国をめざして(ブータンとの出会い
  • インド国境を越える)
  • 2章 仏教が息づく社会-ブータンでの暮らし(首都ティンプに住む
  • 新しい国立図書館を建てる
  • 「拝む」ことと「鑑賞」すること
  • 目に見えるもの、見えないもの)
  • 3章 陽気に、おだやかに生きる-ブータンの人びと(恩師ロポン・ペマラのこと
  • ブータンの時間
  • 素描-ブータン人気質
  • 第四代国王とブータン社会)
  • 4章 ヒマラヤが聳え、雨雪が降り、森林が茂る限り-独自の近代化への挑戦(国民の利益が最優先
  • 伝統文化の位置づけ
  • 豊かな森林を守る
  • 上からの民主化
  • 国際社会のなかで)
  • 終章 ブータンはどこへ向かうのか-「国民総幸福」という理念(人間の価値を重んじた発展を
  • 精神の文化を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブータンに魅せられて
著作者等 今枝 由郎
書名ヨミ ブータン ニ ミセラレテ
書名別名 Butan ni miserarete
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.3
ページ数 191, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431120-1
NCID BA85252672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21405420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想