ヨーロッパ統合史

遠藤乾 編

政治・経済から軍事・安全保障、規範・社会イメージにわたる複合的な国際体制の成立と変容を、近年公開の進んだ膨大な史料に基づいて内容豊かに描き出し、今日にいたるヨーロッパ統合の新たな全体像を提示した初の本格的通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヨーロッパ統合の歴史-視座と構成
  • 第1章 ヨーロッパ統合の前史
  • 第2章 ヨーロッパ統合の胎動-戦間期広域秩序論から戦後構想へ
  • 第3章 ヨーロッパ統合の生成・1947‐50年-冷戦・分断・統合
  • 第4章 シューマン・プランからローマ条約へ・1950‐58年-EC‐NATO‐CE体制の成立
  • 第5章 大西洋同盟の動揺とEECの定着・1958‐69年
  • 第6章 デタントのなかのEC・1969‐79年-ハーグから新冷戦へ
  • 第7章 ヨーロッパ統合の再活性化・1979‐91年
  • 第8章 冷戦後のヨーロッパ統合・1992‐98年
  • 第9章 21世紀のヨーロッパ統合-EU‐NATO‐CE体制の終焉?
  • 終章 ヨーロッパ統合とは何だったのか-展望と含意

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ統合史
著作者等 上原 良子
川嶋 周一
戸澤 英典
板橋 拓己
橋口 豊
細谷 雄一
遠藤 乾
鈴木 一人
書名ヨミ ヨーロッパ トウゴウシ
書名別名 A history of European integration

Yoroppa togoshi
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2008.4
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0583-8
NCID BA8524772X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21407676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想