組織ジャーナリズムの敗北

川崎泰資, 柴田鉄治 著

二〇〇五年一月、朝日新聞がNHKの番組の改変に政治家が関与していたという記事を掲載、そこから二大組織の「大喧嘩」に発展した。そこで問われたことは何だったのか。膨大な資料や取材に基づき徹底検証し直す。さらに、朝日・武富士事件、テレビ局の新聞系列化の弊害、新聞販売制度の闇、地上デジタル放送開始への懸念、待ったなしのNHKの経営改革など、組織メディアをめぐる諸問題を取り上げ、その権力監視機能がいかに衰えてしまっているかを追及。志あるジャーナリズム再生の道筋を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「NHK VS 朝日」問題の再検討がなぜ必要なのか
  • 第1章 政治介入と「番組改変」の真実-二〇〇一年一月、何が起こったのか
  • 第2章 腰砕けになった朝日新聞-なぜひるんだのか
  • 第3章 他メディアはどう報じたか
  • 第4章 ここまで来ていた組織の劣化
  • 第5章 迷走する放送改革・進まない新聞改革
  • 第6章 政治権力と組織ジャーナリズム
  • 終章 メディアは、なぜここまで蝕まれたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織ジャーナリズムの敗北
著作者等 川崎 泰資
柴田 鉄治
書名ヨミ ソシキ ジャーナリズム ノ ハイボク : ゾク NHK ト アサヒ シンブン
書名別名 続・NHKと朝日新聞

Soshiki janarizumu no haiboku
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.2
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-023717-8
NCID BA85240731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21387956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想