空海「三教指帰」

空海 著 ; 加藤純隆, 加藤精一 訳

日本に真言密教をもたらした空海が、渡唐前の青年時代に著した名著。放蕩息子を改心させようと、儒者・道士・仏教者がそれぞれ説得するが、息子を納得させたのは仏教者だった。空海はここで人生の目的という視点から儒教・道教・仏教の三つの教えを比較する。それぞれの特徴を明らかにしながら、自分の進むべき道をはっきりと打ち出していく青年空海の意気込みが全編に溢れ、空海にとって生きるとは何かが熱く説かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 この書物を書いた理由
  • 第1章 亀毛先生の主張
  • 第2章 虚亡隠士の主張
  • 第3章 仮名乞児の主張
  • 原文訓み下し
  • 弘法大師空海略伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海「三教指帰」
著作者等 加藤 精一
加藤 純隆
空海
書名ヨミ クウカイ サンゴウ シキ
シリーズ名 ビギナーズ日本の思想
角川ソフィア文庫
角川文庫
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.9
ページ数 185p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-407202-5
NCID BA85221737
BB16588707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想