韓日新聞社説における「主張のストラテジー」の対照研究

李貞旻 著

本書は、意見を主張することを主な目的とする論説文のジャンルとしての韓日の新聞社説の文章を資料として、韓日両言語間の主張の表し方を日本語学における文章論の立場から、韓日対照することを目的とする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論(本論文の構成)
  • 第2章 文章構造研究に関する先行研究(文章の成分及び文章構造研究に関わる主要概念
  • 従来の文章研究の分析観点
  • 本研究の目的と研究方法)
  • 第3章 韓日の新聞社説の文章のマクロ構造(先行研究と本研究の位置づけ
  • 本研究における分析方法(主題文の認定方法)
  • 主題文になり得る条件(複合的な観点から)
  • 文章の区分と文章構造類型
  • 分析結果と考察
  • 主題文の表現類型)
  • 第4章 韓日の新聞社説の文章のミクロ構造(文の機能に関する先行研究と本研究の立場
  • 本研究における文の機能分類
  • 分析結果と考察
  • 考察)
  • 第5章 本研究の結論と今後の課題(本研究の分析結果と総合的な考察
  • 結論
  • 今後の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓日新聞社説における「主張のストラテジー」の対照研究
著作者等 李 貞旻
李 貞旼
李 貞〓
書名ヨミ カンニチ シンブン シャセツ ニ オケル シュチョウ ノ ストラテジー ノ タイショウ ケンキュウ
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編 第59巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2008.2
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-356-2
NCID BA85208921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21387784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想