科学・技術の二〇〇年をたどりなおす

村上陽一郎 著

社会と関わり合う知の体系へ。一九世紀から現代に至る科学・技術の進展がもたらした意味と課題を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学のきた道、技術のきた道-前史(別々の道を歩んできた科学と技術
  • "公共のもの"になることで制度や力が付いてくる)
  • 第2章 "力"の謎にいどむ-物理学の成立と展開(自然をあますところなく正確に記述する
  • 自然という難問 ほか)
  • 第3章 生命をどう捉えるか(生命はどこからくるのか-前史
  • 似ている・似ていないが受け継がれるわけ-遺伝学の成立と展開)
  • 第4章 0と1で世界を認識する-情報を巡る科学・技術(通信技術の発展-前史
  • 情報理論の誕生)
  • 第5章 科学・技術を外から見る視点(科学史という視点
  • 科学哲学という視点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学・技術の二〇〇年をたどりなおす
著作者等 村上 陽一郎
書名ヨミ カガク ギジュツ ノ ニヒャクネン オ タドリナオス
シリーズ名 やりなおしサイエンス講座 1
出版元 NTT
刊行年月 2008.3
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-6020-0
NCID BA85203994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21384619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想