ユダヤ女ハンナ・アーレント : 経験・政治・歴史

マルティーヌ・レイボヴィッチ 著 ; 合田正人 訳

「私はひとりのユダヤ女です」と、自らを位置づけるアーレントにとってユダヤ性は紛れもないひとつの経験であり、己の思考を政治や歴史に導く重要な要素であった。アーレントが引き起こした数々の論争を踏まえ、その思想練成の側面を照射。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「あなたは誰ですか?」「ひとりのユダヤ女です」(ユダヤ人の同化の起源で-ラーエル・ファルンハーゲンあるいは内面性と物語としてのユダヤ性
  • 所与と「誰」)
  • 2 反ユダヤ主義、全体主義。崩壊するのをひとが見たがるものについて書くこと(反ユダヤ主義を解釈すること。同化主義とシオニズムの実践的かつ理論的不十分さ
  • 全体主義の区切り、あるいはジェノサイドの区切り?)
  • 3 困難な平等(解放の運命)(「啓蒙」の両義性から解放の曖昧さへ
  • 無国籍者あるいは「人間一般」)
  • 4 パーリア、成り上がり者、そして政治。いかにして没世界主義から脱するか(パーリアと成り上がり者-圧制の体系
  • 没世界主義と友愛
  • 没世界主義を超えること)
  • 5 抑圧されたものと犠牲者の責任(「われわれが求めるのは慈愛ではなく正義である」
  • シオニズムあるいは国民解放運動の曖昧さ
  • ユダヤ人評議会。政治的責任、道徳的責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ女ハンナ・アーレント : 経験・政治・歴史
著作者等 Leibovici, Martine
合田 正人
レイボヴィッチ マルティーヌ
書名ヨミ ユダヤオンナ ハンナ アーレント : ケイケン セイジ レキシ
書名別名 Hannah Arendt,une juive
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 883
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.3
ページ数 464, 73p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00883-2
NCID BA85198114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想