ドイツ史を考える

トーマス・ニッパーダイ 著 ; 坂井榮八郎 訳

歴史を鋭く洞察し、重厚に語る。20世紀ドイツを代表する歴史家ニッパーダイの歴史エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドイツにおける近代化の諸問題
  • 2 独自性を求めて-ロマン主義的ナショナリズム
  • 3 キリスト教諸政党
  • 4 プロイセンと大学
  • 5 ヴィルヘルム期の社会は「臣民社会」だったか
  • 6 歴史は客観的たり得るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ史を考える
著作者等 Nipperdey, Thomas
坂井 栄八郎
坂井 榮八郎
ニッパーダイ トーマス
書名ヨミ ドイツシ オ カンガエル
書名別名 Nachdenken uber die deutsche Geschichte. (2nd ed.)
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.2
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-67211-6
NCID BA85185203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21386454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想