ワーキングメモリの脳内表現

苧阪直行 編著

「意識と脳」「心と脳」を理解する鍵、「ワーキングメモリ」。その働きは、脳のどこでどのように担われているのか?あるいは、「他者理解」「言語や視覚の処理」といった、心や意識の働きの中で、どういう役割を果たしているのか?脳機能画像解析の最新技術を駆使しながらその秘密に迫る最新の研究。同時に、「処理情報の過多」「外部メモリ依存」が人の記憶の危機を招く、「情報化社会」における脳研究の緊急性も訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ワーキングメモリ研究の現在的意義(ワーキングメモリ研究の現在
  • ワーキングメモリと志向的意識の脳内表現-知情意との関わり)
  • 2 視空間性ワーキングメモリ(色のワーキングメモリの脳内表現
  • 視覚的注意の脳内表現)
  • 3 言語性ワーキングメモリ(ワーキングメモリにおける注意のフォーカスと抑制の脳内表現
  • 高齢者のワーキングメモリ
  • 言語性ワーキングメモリ課題遂行時の情報処理と貯蔵容量)
  • 4 心の理論とワーキングメモリ(自閉症のワーキングメモリ
  • 心の理論の脳内表現-ワーキングメモリからのアプローチ)
  • 5 TMSとワーキングメモリ(経頭蓋磁気刺激法を用いたワーキングメモリ研究
  • 経頭蓋磁気刺激法とワーキングメモリ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーキングメモリの脳内表現
著作者等 苧阪 直行
書名ヨミ ワーキング メモリ ノ ノウナイ ヒョウゲン
書名別名 Neural correlates of working memory

Wakingu memori no nonai hyogen
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2008.2
ページ数 273p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-87698-736-8
NCID BA8518411X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21385666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想